ニキビイメージ

ニキビのできる場所だけではなく体調そのものに気を配るといい

ニキビができる場所によってその対処法というのを変えてみるといい、ということを聞いて、まずは顔のニキビをどうにかしたくて色々なことを試してみました。
はじめは洗顔フォームを変えてみて、泡立てネットを購入してみたのです。
泡立てネットで洗顔フォームを泡立てて、それから顔に乗せるようにしてみたところ、少しだけ顔のくすみがとれたような気がしました。
ですので、その方法でやっていたのですが、なんだか顔がひっぱられるような感覚があったので、その原因を調べてみたのです。
その原因は顔を洗うときに強くこすり過ぎている、ということもあるようだったので、まずは泡立てた泡をそっとのせてなでるように、優しく顔を洗ってもみたのです。
そうすると、顔のひっぱられるような感じがなくなって、少し肌がよくなりました。
そして、肝心なことがあるのですが、洗顔して5分以内に肌を保湿すること、というのがあって、それをすぐに実行しえみたのです。
肌が乾燥するからひっぱられるような感じがするのかもしれない、と思い、保湿をとにかく気をつけてみたのです。
ニキビの原因のひとつでもある乾燥をどうにかできれば、おでこや頬にできるものを改善できるのではないかと思ったのです。
結果はとてもよくて、洗顔した後になるべく早く化粧水や乳液、美容液をつけることでつっぱりも乾燥も防ぐことができたのです。
今まではきちんとつけ方などを考えて化粧水などをつけるということがなかったので、その方法も改善することにしました。
ニキビのできる原因は顔の場合、乾燥が多いということだったので、この方法はとてもよかったです。
それから、睡眠時間と間食などのお菓子なども気をつけるようにしています。
まず、食事を野菜や魚も食べるようにして、どうしても食べられなかったときにはサプリメントを飲むようにしたのです。
野菜不足は肌にとても悪いということを聞いたので、それもとてもよかったです。
便秘などにもなりにくくなって、肌荒れも改善できてきています。
それから、豆乳がいいとも聞いたので、豆乳の飲料で飲むようにしてみたのです。
女性ホルモンの効果で肌荒れにはとてもいいということだったのですが、本当に肌がよくなってきたので驚きです。
今までの食事や睡眠時間、また運動、肌ケアのことなどを考えると、少しの改善でニキビを治すことはできるのだということがわかります。
肌荒れだけではなく体調にも変化があったので、肌荒れの場所だけではなく全体を気にするようにすると原因を取り除くことができるということです。

Copyright(C) 2014 肌を改善.com All Rights Reserved.